it業界は、これからも大きな成長を続けていくことがほとんど確実視されています。企業活動にも大規模なシステムが欠かせなくなりましたし、個人レベルでもスマホの登場などによってitは身近なものとなりました。次々と新しい技術が生まれていて、それらが画期的な商品作りに活かされています。今後数十年で、さらにit業界は大きくなることが予想されています。ですから、エンジニアの未来も非常に明るいと言えるでしょう。

とくに正社員エンジニアになれば、将来的には会社の重要なポストにまで上り詰めることができるようになります。正社員なら、上流工程に携わることも可能ですし、派遣社員を取りまとめる存在として確固たる地位を築き上げることもできるでしょう。一般的に正社員の給料は、派遣社員の給料の五割増しだと言われています。人によっては倍以上になることもあるでしょう。しかも給料だけではなくて、社会保障に関しても派遣社員とは比べものにならない待遇の良さがあります。移り変わりの激しい業界だからこそ、正規雇用をされるという安心感は非常に強くなっています。

現在は、大勢の人が正規雇用を目指してスキルの習得に励んでいる状況です。各種スペシャリスト試験に合格するなど、他の人にはできない仕事ができるようになれば、正規雇用への道も自ずと拓けてくるでしょう。まずは派遣で業界入りするのも悪くはないですが、仕事以外にも空いた時間でスキルを磨き続けるのが将来のためになります。これからIT業界にチャレンジしてみようと考えている人も、業界にいてこれからさらにキャリアを伸ばしたい人も「IT業界ってどうなの?」から参考情報を見つけてみると良いでしょう。