it業界でエンジニアをするなら、正社員になるのが一番です。近年は派遣社員の数が多くなってきていますが、派遣社員として働いていても給料が上がらないケースが多いです。基本給がそもそも安く設定されていますし、ボーナスも払われないのが普通です。社会保険にも加入をすることができない場合があります。さらに言えば、派遣社員は基本的には短期でのワークスタイルとなります。三年程度で契約を切られてしまうことが一般的なので、安定した生活を送りたいときには正社員になるしかありません。

正社員は、定年まで働ける可能性が派遣社員よりもぐっと高まります。基本給も多く、ボーナスも支払われます。会社によっては社宅が用意されていたり、交通費が支給されたり、資格手当が付いたりと、メリットが豊富です。しかも、正規雇用をされていると、より高いポストを与えられることが多くなります。末端の作業はすべて派遣社員にやらせて、正規雇用の社員を管理職ポストに据えるのが現在の主流です。

つまり、同程度の能力であっても、正規雇用をされていると出世をしやすいのです。派遣で出世をしようとすると、かなり高度な資格を取得して、特定派遣としてリーダー格で企業に入れてもらえるようになるしかありません。ハードルの高さが違いますから、可能なら正規雇用をされてキャリアアップに勤めるべきです。正規雇用のチャンスは新卒時を逃すと、レベルの高い中途採用しかなくなります。新卒時を狙うのがベストです。